Shimokitazawa

NOVEMBER

  • ☆ライブ配信
    高橋ピエール「シネマティックライブストリーミングvol.2」
    11月5日(木)
    Open 19:50 / Start 20:00

    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    観覧はどなたでも可能です。料金は投げ銭式になりますので、上のCharge投げ銭リンク先からお願いいたします。配信ライブのみ、店内では無観客となりましてご覧いただけませんのでご了承ください。

    プロフィール

    音楽家、ギタリスト。強さとナイーブ、ストレンジとピュア、そしてイマジネイションとドライブ、ピエールギターとしか言い様の無い独特な音楽。 耳元から心深く艶やかな音を届けるノーブルロマニスト。

    コメント 3台のカメラによる映像と、用意された映像と画像と音、そしてライブ演奏による音楽を、それぞれの曲やシーンに合わせてその場で加工やコラージュをモンタージュして、映画のように組み上げて行く、「cinematic live streaming シネマティックライブストリーミング」です。どなたでもご視聴頂けますが、ご覧になられましたらパスマーケットよりお好きな金額をドネーションお願いいたします。ご視聴前でもパスのご購入は可能です。(高橋ピエール)

  • ☆ライブ配信
    「とんちピクルスの秋のうた」とんちピクルス
    11月6日(金)
    Open 20:20 / Start 20:30

    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    観覧はどなたでも可能です。料金は投げ銭式になりますので、上のCharge投げ銭リンク先からお願いいたします。配信ライブのみ、店内では無観客となりましてご覧いただけませんのでご了承ください。

    プロフィール

    福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。福岡のみにとどまらず各地の美容室、カフェ、ギャラリーなどで活躍中。ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。ホームワークレコードよりCD「とんちピクルス」を発売。

  • ☆ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)
    「ふたりピラニアンズ」ピアニカ前田&塚本功
    11月7日(土)
    Open 20:20 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500
    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)のみで、店内では無観客ライブとなります。チケットはTICKET RESERVE MAILのリンクページよりお申し込みください

    プロフィール

    2人ピラニアンズ初生配信ライブです。よろしくどうぞ〜 20歳直前の塚本功がピアニカ前田と出会い、バンドメンバーになっていよいよ30年経ちました。近年はピラニアンズの縮小盤、2人ピラニアンズとしてライブを重ねてます。主要なレパートリーは結成当初から一貫して変わらずですが、今回もしっかり練習(必要なのです)して臨みます。みなさんどうぞお楽しみに。(塚本功)

  • ☆ライブ配信
    「アベジュリー 独演会 vol.29 〜 無観客生配信ライブ 〜 」
    11月14日(土)
    Open 19:20 / Start 19:30

    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    観覧はどなたでも可能です。料金は投げ銭式になりますので、上のCharge投げ銭リンク先からお願いいたします。配信ライブのみ、店内では無観客となりましてご覧いただけませんのでご了承ください。

    プロフィール

    1990年、八馬義弘と共にデキシード・ザ・エモンズを結成。ネオGS、マージービート、モッズ、R&B、ソウル等をルーツに唯一無二のライブパフォーマンスを繰り広げた。インディーズからメジャーへと18枚のアルバムを発表。2006年日比谷野外音楽堂にてデキシード・ザ・エモンズ解散。現在、アベジュリー&The BACKDROPS、メイコス、電化アベジュリー等でのバンド形態の他、アベジュリーソロでも活動中。10年ぶりに復活したTHE YELLOW DOGSは現在不定期活動中。

  • ☆ライブ配信
    「yojikとwanda+服部将典+吉田悠樹 LIVE」
    11月15日(日)
    Open 19:50 / Start 20:00

    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    観覧はどなたでも可能です。料金は投げ銭式になりますので、上のCharge投げ銭リンク先からお願いいたします。配信ライブのみ、店内では無観客となりましてご覧いただけませんのでご了承ください。

    プロフィール

    yojikとwanda うたをうたう2人。2006年、大阪出身のwandaと東京出身のyojikが東京で結成。2人で演奏するライブは毎回その場の空気でどこに向かうか定かでない。

    服部将典 (歌、ベース)1979年生まれ。愛知県一宮市出身。コントラバス・エレキベースを演奏。NRQ、Bloodest Saxophoneなどのバンドに参加。ほか、yojikとwanda、伴瀬朝彦、biobiopatata、島崎智子、大場ともよ、良元優作、フジワラサトシなどのシンガー、バンドと共に活動中

    吉田悠樹 (歌、ギター、二胡)1982年生まれ、東京都多摩市育ち。二胡奏者。ギター弾き語り、マンドリン演奏や作曲を手がける。12歳から独学でギターを始め、18歳から二胡演奏を始める。2008年から2012年まで、二胡演奏家・程農化氏に師事。主催バンド「パイカル」解散後、現在は「NRQ」「カナリヤ」などのバンドの他、ソロではギター弾き語り、二胡独奏、即興、その他サポート演奏など、幅広く活動中。

  • ☆ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)
    塚本功
    11月18日(水)
    Open 20:20 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,000
    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)のみで、店内では無観客ライブとなります。チケットはTICKET RESERVE MAILのリンクページよりお申し込みください

    プロフィール

    塚本功 1970年5月21日生れ。1994年にピアニカ前田氏率いる「ピラニアンズ」でメジャー・デビュー。平行して自らのリーダーバンド「ネタンダーズ」でもCD制作やライブ・ツアーを行う。1997年にピラニアンズを脱退。(2006よりピラニアンズはライブ活動を再開しており、塚本功もこれに参加しています)その後はネタンダーズの活動と平行して、ギタリストとして「小島麻由美」等、ソロアーチストのレコーディングやライブに参加。2002年4月にはエレキギター1本によるインストアルバム「Electric Spanish-175」を発表する等ソロ活動もスタート。2003年より「sly mongoose」にギタリストとして加入。2006年より「ASA-CHANG&ブルーハッツ」に作詞作曲及びギタリストとして参加。2007年より「THE HELLO WORKS(スチャダラパー × スライマングース)」始動。2007年11月セカンドソロアルバム「Stompin'」発表。

  • ☆ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)
    「銀色の館 #10」吉田省念
    11月20日(金)
    Open 20:20 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,000
    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)のみで、店内では無観客ライブとなります。チケットはTICKET RESERVE MAILのリンクページよりお申し込みください

    プロフィール

    京都在住のミュージシャン。 2009年吉田省念と三日月スープ「RELAX」、2010年ホームレコーディングのソロ作品「songs」をリリース。2-11年から2年間バンドくるりに在籍「坩堝の電圧」をリリース。現在は京都・拾得でのマンスリーライブ「黄金の館」を行うのとライブ音源をフラッシュメモリに入れて持ち帰る事のできるイベント「フラッシュメモリー」を主催するなど、既成概念にとらわれない音楽活動を展開中。

  • 星形の庭
    11月21日(土)
    Open 19:00 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    様々な形態で共演してきた津田貴司(electric guitar)と林香織(accordion)は、2016年末デュオ・ユニット「星形の庭」として演奏活動を開始。現代音楽や映画音楽からのヒントを呼吸に基づいた演奏として提示する。ギターとアコーディオン、フィールドレコーディングによる音の重なりと余韻は、息が深まるような感覚をもたらす。2019年2月、CD『breath and breadth』リリース。

  • ☆ライブ配信
    「松本敏将ライブ」guest*おおくぼひでたか(tobaccojuice)
    11月22日(日)
    Open 19:50 / Start 20:00

    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    観覧はどなたでも可能です。料金は投げ銭式になりますので、上のCharge投げ銭リンク先からお願いいたします。配信ライブのみ、店内では無観客となりましてご覧いただけませんのでご了承ください。

    プロフィール

    北海道帯広市出身。グルーヴィー&メロウなロックン・ソウル4、benzoの顔として98年にアルバム『benzoの場合』、シングル「抱きしめたい」でデビュー。続くセカンド・アルバム『DAYS』(99年)、未発表曲含むベスト『best selection』(01年)に収められた幾多の名曲群 「落下ドライブ」「DAY BY DAY」「AGAIN」「FLOWER」「ECHOES」etc. は、折に触れて全国FM局ヘヴィーローテーションの常連に。さらに近年は、「喫茶ロック」から「ライトメロウ和モノ」までの振幅で取り沙汰されることになる豊かな音楽性から、平成のシュガー・ベイブと称されるまでに。benzo活動休止後はソロ活動に勤しむ傍ら、意気投合した小島徹也、中條卓と02年にCOUCH結成。より研ぎ澄まされたスリーピース・サウンドを追求しながら『今日風、』(03年)『BLOW』(04年)といったタマシイに心地良いマスターピースをリリースしている。抜群のメロディー・センスと多彩なギター・テクニック、そして素晴しく伸びやかな歌声。心底打たれること請け合いで、腕利きギタリストとしてのレコーディング&ツアー・セッション、楽曲提供も多数ある。(SUGIURAMUN 、サニーデイ・サービス、キタキマユ、吉田直樹、林田健司、クリンゴン、イノトモ、hal、bice、竹仲絵里、ロクセンチ、LEAD、etc

  • 「2020年の流星に」穂高亜希子&熊坂るつこ
    11月23日(月・祝)
    Open 19:30 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 定員となりましたので受付を終了いたしました。

    尚、当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。

    プロフィール

    穂高亜希子 シンガーソングライター。1982年福岡県出身。2003年頃より東京都内のライヴハウスなどでギター、ピアノの弾き語りを始める。2010年、JOJO広重編纂によるコンピレーションアルバム「日曜日のうた」に参加。2011年、初のフルアルバム「ひかるゆめ」を京都のレーベル"FMNsoundfactory"よりリリース、2014年に同レーベルよりセカンドアルバム「みずいろ」を二枚組でリリース。同アルバムには関島岳郎、熊坂路得子、服部将典、吉田悠樹が参加。自身の弾き語りの他に、"ミッシング箱庭"というバンドでもベースなどで活動している。

    熊坂路得子しばらくお待ちください

  • ☆ライブ配信
    コンノアキコ
    11月25日(水)
    Open 20:20 / Start 20:30

    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    観覧はどなたでも可能です。料金は投げ銭式になりますので、上のCharge投げ銭リンク先からお願いいたします。配信ライブのみ、店内では無観客となりましてご覧いただけませんのでご了承ください。

    プロフィール

    シンガーソングライター。ライブ活動・レコーディングを始め、イベントなどの音楽監修やオーガナイズ、他ジャンルのクリエイターとのコラボレーションなどで活動。2013年、全国流通版アルバム『Singing Songs, Singing Lives』をリリース2014年、自身のオリジナル曲『A Garret Window』がBS11の番組で使用・演奏される。AM・FMラジオ番組ゲスト出演多数。

  • ☆ライブ配信
    平泉光司
    11月27日(金)
    Open 19:50 / Start 20:00

    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    観覧はどなたでも可能です。料金は投げ銭式になりますので、上のCharge投げ銭リンク先からお願いいたします。配信ライブのみ、店内では無観客となりましてご覧いただけませんのでご了承ください。

    プロフィール

    北海道帯広市出身。グルーヴィー&メロウなロックン・ソウル4、benzoの顔として98年にアルバム『benzoの場合』、シングル「抱きしめたい」でデビュー。続くセカンド・アルバム『DAYS』(99年)、未発表曲含むベスト『best selection』(01年)に収められた幾多の名曲群 「落下ドライブ」「DAY BY DAY」「AGAIN」「FLOWER」「ECHOES」etc. は、折に触れて全国FM局ヘヴィーローテーションの常連に。さらに近年は、「喫茶ロック」から「ライトメロウ和モノ」までの振幅で取り沙汰されることになる豊かな音楽性から、平成のシュガー・ベイブと称されるまでに。benzo活動休止後はソロ活動に勤しむ傍ら、意気投合した小島徹也、中條卓と02年にCOUCH結成。より研ぎ澄まされたスリーピース・サウンドを追求しながら『今日風、』(03年)『BLOW』(04年)といったタマシイに心地良いマスターピースをリリースしている。抜群のメロディー・センスと多彩なギター・テクニック、そして素晴しく伸びやかな歌声。心底打たれること請け合いで、腕利きギタリストとしてのレコーディング&ツアー・セッション、楽曲提供も多数ある。(SUGIURAMUN 、サニーデイ・サービス、キタキマユ、吉田直樹、林田健司、クリンゴン、イノトモ、hal、bice、竹仲絵里、ロクセンチ、LEAD、etc

  • ☆ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)
    細海魚
    11月28日(土)
    Open 20:20 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,000
    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)のみで、店内では無観客ライブとなります。チケットはTICKET RESERVE MAILのリンクページよりお申し込みください

    プロフィール

    北海道中標津町生れ。繭(Maju)、neina、hosomi、Livingstone Daisy、Two Wurli And...などの名義でも活動。2013年11月、細海魚名義では初となるソロアルバム「とこしえ」を新居昭乃プロデュースによるピュアハートレーベルより発表。新居昭乃、おおはた雄一、照井利幸、奈良美智、八野英史、増田セバスチャン、MIGU、山口一郎、ヤマジカズヒデ、芳垣安洋 等コラボレーション多数。2020年、6年ぶりとなるソロアルバム「LOST」と「MORI AND GINGA」2タイトル同時発表。

    コメント

    きっと今年最後のソロライブです。もちろん眠たくなるような感じです。なんかおいしいもの飲んだり食べたり、音楽聴いたり眠ったりして、好きな場所でボーと過ごしていただけたらと思います。新しい曲もやりたいです。眠って聴き逃してください。世界中どこでも観れます!(細海魚)

  • ☆ライブ配信
    OraNoa「祈りよりもつよいもの」
    11月29日(日)
    Open 19:50 / Start 20:00

    ご観覧アドレスTicket Reserve Mail

    観覧はどなたでも可能です。料金は投げ銭式になりますので、上のCharge投げ銭リンク先からお願いいたします。配信ライブのみ、店内では無観客となりましてご覧いただけませんのでご了承ください。

    プロフィール

    OraNoa(オラノア)2000年ごろから活動。2002年からは毎年桜の時期に「桜ツアー」と称し、縁のある全国のカフェやギャラリーなどでギター弾き語りやリコーダー、ティンホイッスルなどでライヴを行っている。来年で20年め。日々に紛れ、でも消えないものを信じて、うたをうたっています。