Shimokitazawa

OCTOBER

  • 鬼怒無月「生音アコースティックギターソロ」
    11月2日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    '64年神奈川県出身。高校時代より音楽活動を始める。'90年に自己のグループ,ボンデージフルーツを結成,'94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに最新作の「Bondagefruit6」('05年2月発売)を含む6枚のアルバムを発表。ボンデージフルーツは'98年"ScandinavianProgressive Rock Festival",'99年にはサンフランシスコの"Prog Fest '99"に招かれるなど海外での評価も高い。ボンデージフルーツと平行してEWEより2枚のアルバムをリリースしているチェンバーロックバンド,Ware house,ギターインスツルメンタルの極を追求するCoil,勝井祐二とのデュオ,Pere_Furu,壷井彰久とのERA,吉田達也の是巨人,カルメンマキのサラマンドラ,更に灰野敬ニ,常味祐司とのコラボレーション,ギターソロ等 日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。

  • 高橋徹也 ソロワンマン #36「夕暮れ 坂道 島国 惑星地球」
    11月3日(土祝)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    ご予約 定員となりましたので受付を終了いたしました。

    尚、当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。

    キャンセル待ちお申し込み Ticket Reserve Mail
    プロフィール

    1996年にシングル「My Favorite Girl」でメジャーデビュー。1stアルバム「Popular Music Album」から2ndアルバム「夜に生きるもの」への荒々しい変貌が各方面で高い評価を受ける。その後、半年という短いスパンで発表した3rdアルバム「ベッドタウン」も好評を博す。2002年よりVIVID SOUNDから4枚の作品を発表。2015年秋、待望の9thニュー・アルバム『The Endless Summer』を完成させリリース。ライブは常に緊張感に溢れていて、まるでロードムービーのような独特の世界観に魅せられている人々が多い

  • ナマステ楽団&牧瀬茜
    11月4日(日)
    Open 14:00 / Start 14:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の13:30〜13:45に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    末森英機 1955年生まれ。物心がつくころから、よそ者、のがれ者、渡り者、流れ者、よた者、ゆすりたかりまがいがたたり、はんぱなく精神病棟へ。罰当たり者は生きて2009年末、歌手の中川五郎さん見よう見まねで歌い始める。震災後、仮設住宅の集会所や復興商店街の店頭、特別介護施設などで五郎さんやよしだよしこさんとともにツアーに参加させたいただく。海外にも必ずギター持参の変わり種。デネーシュさんは魂の友とリスペクト。

    ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディタブラ奏者。1962年生まれ。幼少時からヒマラヤのアシュラムにて修行を開始。その一環でタブラに出会う。楽師を務めインド各地で神々をたたえる。ヒンドゥー教の聖地バラナシにて生涯の師、タクール・サン・クールシンと出会う。心の平和、民族性の落ち着きを持ち、その演奏は巡り合う人々から魂の友と呼ばれる。スティービー・ワンダーとの国内ツアーでも話題に。

    牧瀬茜


    コメント 「見えない花、床しいストリッパー・牧瀬茜のpoetry詩の香りreadingーひとはこんなに愛することができるー」(末森英機)

  • フジワラサトシ
    11月4日(日)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1982年生まれ、東京都出身。10代後半より自宅録音を開始。2008年頃から演奏活動を始め、ソロのほかoono yuukiなどのバンドのギタリストとしても活動する。2010年、鳥獣虫魚より『夜に生まれる』、2013年にsweet dreams pressより『い、のる』をリリース。また、2011年からは歌人・小説家の雪舟えまらと共にユニット“スリリングサーティー”のメンバーとしても活動している。

  • 「ひとりむじーく 2018 秋の東京編」小田和奏
    11月6日(火)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールフォームからのお申し込みとなります。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1980年1月17日生まれ 広島県広島市出身。幼少より音楽教諭であった父親の影響の元、音楽に触れはじめ、ピアノ、トランペット、リコーダーなどのクラシック音楽の手ほどきを受ける。2001年よりロックバンド「No Regret Life」のギターボーカルとして活動を開始。ほぼ全曲の作詞曲を手掛ける。2005年Sony Musicよりメジャーデビュー。2nd Single「失くした言葉」はテレビアニメ「NARUTO」のエンディングテーマにも抜擢され国内外を問わず、幅広いリスナーに支持された。「No Regret Life」として活動を終了する2013年7月までに5枚のフルアルバム、4枚のミニアルバム、7枚のシングルをリリース。2013年、バンド解散後、本格的にソロプロジェクトを開始。これまでに2枚のフルアルバム・4枚のミニアルバムをリリースしている。また、小田の別名義プロジェクト「Coda」としてテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のテーマソングを数多く担当。歌唱とは別に楽曲提供にも携わっている。

  • 塚本功
    11月7日(水)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1970年5月21日生れ。1994年にピアニカ前田氏率いる「ピラニアンズ」でメジャー・デビュー。平行して自らのリーダーバンド「ネタンダーズ」でもCD制作やライブ・ツアーを行う。1997年にピラニアンズを脱退。(2006よりピラニアンズはライブ活動を再開しており、塚本功もこれに参加しています)その後はネタンダーズの活動と平行して、ギタリストとして「小島麻由美」等、ソロアーチストのレコーディングやライブに参加。2002年4月にはエレキギター1本によるインストアルバム「Electric Spanish-175」を発表する等ソロ活動もスタート。2003年より「sly mongoose」にギタリストとして加入。2006年より「ASA-CHANG&ブルーハッツ」に作詞作曲及びギタリストとして参加。2007年より「THE HELLO WORKS(スチャダラパー × スライマングース)」始動。2007年11月セカンドソロアルバム「Stompin'」発表。

  • あかね サポート:うつお、クリスチィヌ
    11月8日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    あかね 「パスカルズ」にてトイピアノ、ボーカルを担当。「あかね」としても少しずつ歌っています。よろしくお願いします。

    うつお 保育園時代に木琴、小学生時代にピアノを習う。小学校では合唱(ソプラノ)&器楽合奏部(マリンバ、リコーダー、ハーモニカ、ハンドベル)に所属。10歳頃よりギター&歌作り始める。その後、地元のフォークサークルで音響、照明などスタッフをしながら17歳よりギターの弾き語り始める。LIVE、学園祭、演劇音楽、コンテスト、フェスティバル、イベントなど多数企画&参加。『ふたご』ユニット、バイオリン四重奏団『テトラ』、1995年より『パスカルズ』参加。

  • 「ギターはわらっているvol.9」山際英樹&西脇一弘
    11月9日(金)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    山際英樹 割礼、血と雫と言う二つのバンドでギターを弾く傍ら、ソロでも活動。

    西脇一弘sakanaでギターを弾いています。絵も描いています

  • 「西の星、東の星と光る夜」白井大輔xナルソワン(成瀬英樹&SOWAN SONG)
    11月10日(土)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 定員となりましたので受付を終了いたしました。

    尚、当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。

    プロフィール

    白井大輔しばらくお待ち下さい

    成瀬英樹1968年生まれ。兵庫県出身。1992年神戸にて「FOUR TRIPS」結成。ヴォーカル&ギターとソングライティングを担当。1997年TBS 系ドラマ「友達の恋人」(瀬戸朝香・桜井幸子 主演)の主題歌「WONDER」でデビュー。10万枚を超えるヒット。その後アルバム1枚、シングルを5枚発表し解散。その後、作曲家としてAKB48「BINGO!」「ひこうき雲」前田敦子「君は僕だ」「タイムマシンなんていらない」などのトップ5ヒットの他、2016年にはAKB48の10周年記念シングル「君はメロディー」の作曲でミリオンセラー達成。2011年 手嶌葵の全国ツアーのギタリストとして参加したりエディ・リーダーの来日公演にはこの10年毎回ウクレレプレーヤーとして招集されるなど幅広く活動中。

    SOWAN SONG(ソワンソング) 2003年より弾き語りからバンドまで様々な形で音楽を奏で、衝動的な胸の高鳴りや葛藤に見る美しさなどをテーマに愛を歌う前岨啓之(マエソワ ヒロユキ)のひとりユニット名。マエソワという珍しい名字がもとであだ名はソワン。最新作『抱きしめたい』はサポートメンバー:高橋結子(Dr)、sugarbeans(Key,Pf)、時光真一郎(Ba)、設楽博臣(Eg)、平泉光司(Eg)、伊藤彩(Vn)との親交から創りあげた4年振り4枚目のオリジナルアルバム。

  • 「アベジュリー 弾き語り祭り vol.21 」
    11月11日(日)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1990年、八馬義弘と共にデキシード・ザ・エモンズを結成。ネオGS、マージービート、モッズ、R&B、ソウル等をルーツに唯一無二のライブパフォーマンスを繰り広げた。インディーズからメジャーへと18枚のアルバムを発表。2006年日比谷野外音楽堂にてデキシード・ザ・エモンズ解散。現在、アベジュリー&The BACKDROPS、メイコス、電化アベジュリー等でのバンド形態の他、アベジュリーソロでも活動中。10年ぶりに復活したTHE YELLOW DOGSは現在不定期活動中。

  • 平泉光司
    11月13日(火)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    北海道帯広市出身。グルーヴィー&メロウなロックン・ソウル4、benzoの顔として98年にアルバム『benzoの場合』、シングル「抱きしめたい」でデビュー。続くセカンド・アルバム『DAYS』(99年)、未発表曲含むベスト『best selection』(01年)に収められた幾多の名曲群 「落下ドライブ」「DAY BY DAY」「AGAIN」「FLOWER」「ECHOES」etc. は、折に触れて全国FM局ヘヴィーローテーションの常連に。さらに近年は、「喫茶ロック」から「ライトメロウ和モノ」までの振幅で取り沙汰されることになる豊かな音楽性から、平成のシュガー・ベイブと称されるまでに。benzo活動休止後はソロ活動に勤しむ傍ら、意気投合した小島徹也、中條卓と02年にCOUCH結成。より研ぎ澄まされたスリーピース・サウンドを追求しながら『今日風、』(03年)『BLOW』(04年)といったタマシイに心地良いマスターピースをリリースしている。抜群のメロディー・センスと多彩なギター・テクニック、そして素晴しく伸びやかな歌声。心底打たれること請け合いで、腕利きギタリストとしてのレコーディング&ツアー・セッション、楽曲提供も多数ある。(SUGIURAMUN 、サニーデイ・サービス、キタキマユ、吉田直樹、林田健司、クリンゴン、イノトモ、hal、bice、竹仲絵里、ロクセンチ、LEAD、etc

  • 「歌とギターvol.14」坂田学&石井マサユキ
    11月14日(水)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    坂田学(Drummer,SSW,音楽家)ポップス、ジャズ、即興など、ジャンルにとらわれないドラマー。2004年、ドラム以外の楽器も使ったソロ活動を開始。2005年、3枚のインスト・アルバムをリリース。2006年、芝居、ファッションショーの音楽を生演奏。2017年、歌もの中心のアルバム『木の奥』をリリース。2019年春公開予定「よあけの焚き火」で、自身初の映画音楽を手がける。下北沢leteでは、毎回ゲストを迎えて、弾き語りライブを不定期で開催している。

    石井マサユキ1968年東京生まれ。89年頃からギタリストとして活動開始。90年代半ばに「The Chang」で2枚のアルバムを発表。後、解散。00年から現在まで「tica」で活動中。これまでにライブ、ベスト盤を含め7枚のアルバムを発表。最新作は2008年にリリースした「Johnny Cliche」。またNatural Calamityの森俊二と2人で「gabby & lopez」を結成して、これまでに3枚のアルバムを発表。最新作は、2012年リリース「Twilight For 9th Street」。また持田香織、ハナレグミ、大橋トリオなど数多くのアーティストの作品やライブに参加