Shimokitazawa

APRIL

  • 塚本功「GWスペシャル2days」ゲスト: 王舟
    5月2日(水)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    塚本功 1970年5月21日生れ。1994年にピアニカ前田氏率いる「ピラニアンズ」でメジャー・デビュー。平行して自らのリーダーバンド「ネタンダーズ」でもCD制作やライブ・ツアーを行う。1997年にピラニアンズを脱退。(2006よりピラニアンズはライブ活動を再開しており、塚本功もこれに参加しています)その後はネタンダーズの活動と平行して、ギタリストとして「小島麻由美」等、ソロアーチストのレコーディングやライブに参加。2002年4月にはエレキギター1本によるインストアルバム「Electric Spanish-175」を発表する等ソロ活動もスタート。2003年より「sly mongoose」にギタリストとして加入。2006年より「ASA-CHANG&ブルーハッツ」に作詞作曲及びギタリストとして参加。2007年より「THE HELLO WORKS(スチャダラパー × スライマングース)」始動。2007年11月セカンドソロアルバム「Stompin'」発表。

    王舟 上海出身、日本育ちのミュージシャン。これまでにfelicityからアルバム2枚、アナログシングル3枚をリリース。ライブ活動のほか、CMへの楽曲提供、プロデュースなどもおこなっており、NHK BSプレミア連続ドラマ『嘘なんてひとつもないの』の音楽を担当した。

  • 塚本功「GWスペシャル2days」ゲスト: 中村まり
    5月3日(木・祝)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    ご予約 定員となりましたので受付を終了いたしました。

    尚、当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。

    キャンセル待ちお申し込み Ticket Reserve Mail
    プロフィール

    塚本功 1970年5月21日生れ。1994年にピアニカ前田氏率いる「ピラニアンズ」でメジャー・デビュー。平行して自らのリーダーバンド「ネタンダーズ」でもCD制作やライブ・ツアーを行う。1997年にピラニアンズを脱退。(2006よりピラニアンズはライブ活動を再開しており、塚本功もこれに参加しています)その後はネタンダーズの活動と平行して、ギタリストとして「小島麻由美」等、ソロアーチストのレコーディングやライブに参加。2002年4月にはエレキギター1本によるインストアルバム「Electric Spanish-175」を発表する等ソロ活動もスタート。2003年より「sly mongoose」にギタリストとして加入。2006年より「ASA-CHANG&ブルーハッツ」に作詞作曲及びギタリストとして参加。2007年より「THE HELLO WORKS(スチャダラパー × スライマングース)」始動。2007年11月セカンドソロアルバム「Stompin'」発表。

    中村まり(Mari Nakamura) Vo, Ag, Banjo アメリカン・ルーツ・ミュージックに影響を受けたサウンドで、英詞のオリジナル曲をアコースティック・ギターにのせて歌うシンガーソングライター。弾き語りでのソロライヴをはじめ、ロンサム・ストリングスや国内外の数々のアーティストと共演。これまでにソロアルバム2枚と、Lonesome Strings and Mari Nakamura名義での共作アルバム2枚をリリースしている。

  • 「みどりのくじら」ふたりくじら(杉林恭雄&楠均)
    5月4日(金・祝)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 定員となりましたので受付を終了いたしました。

    尚、当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。

    キャンセル待ちお申し込み Ticket Reserve Mail
    プロフィール

    杉林恭雄+楠均東京のニューウェーブシーンの終焉期、80年代中ごろから活動を開始。メンバーは3人、4人そして9人(くじらドラゴンオーケストラと名のる)へ、現在は杉林恭雄を中心に様々な形で活動をしています。その間、アルバム「たまご」「島の娘」「木星クラブ」などを発表。

  • 「青山陽一&鈴木晶久&佐野岳彦」
    5月5日(土・祝)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,800 + drink / 当日 ¥3,100 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付番号を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    青山陽一'1963年生まれ 長野県出身。1980年代半ばにGRANDFATHERSで音楽活動を開始。アメリカン・ルーツミュージックをベースとする60年代後半から70年代前半の「ブルースロック」や「ジャズロック」等に影響を受けながらも、自らの作品に反映させた個性的なオリジナル作品を数々産み出してきたアーティスト。ギタリストとしても幅広いジャンルにまたがるアーティストのレコーディングやセッションに参加している他、作曲家としても楽曲提供も行っている。

    鈴木晶久「癒し系の皮を被った悪魔」の異名を持つシンガーソングライター。あるときは双六亭/囲碁お見知りおきを楽団のギター。最新作は2011年リリースの「ワカバのころ」

    佐野岳彦 しばらくお待ち下さい

  • 白神直子+藤野由佳&河野文彦「みちみちみちくさ 〜リリース記念ライブ其の弐〜」
    5月6日(日)
    Open 14:15 / Start 15:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールフォームからのお申し込みとなります。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の13:30〜14:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    白神直子(うた)女優・歌手・ラジオパーソナリティ・男児の母。演劇と音楽の交わるところでふんわりと暮らしています。1996年、ねこマジを結成し、本音とフィクションが錯綜する歌詞と力強くもメロディアスな楽曲、時に演劇的に繰り広げられるライブパフォーマンスで大人が楽しめるエンターティメントを展開。アルバム『ねこマジ』『スリーピースの男』DVD『GIVE ME!』2015年ソロ活動をスタート。様々なジャンルのアーティスト(朗読・アルゼンチンタンゴ・グラスハープなど)とのコラボレーションライブを企画出演している。2018年春、初のオリジナルソロアルバム『みちみちみちくさ』リリース。

    藤野由佳 「(アコーディオン)日々出会う、心ふるわす人やもの、記憶を曲にすることがライフワーク。現在、ソロ、オオフジツボ(with 壷井彰久、太田光宏)、蛇腹姉妹(with 佐々木絵実)、Riquisimo(with 谷岡久美)ほか、様々なユニットを通して活動中。またサポートミュージシャンとして、様々なアーティストのコンサートやレコーディングに参加。変幻自在なフレーズとエモーショナルなプレイが好評を博す。作曲演奏を担当した「なのはな」「秋霖」が、ユネスコ世界遺産・岩手県平泉中尊寺公式動画CMに採用、現在配信中。ソロアルバム「心ふるわすもの」、オオフジツボ「耀の遠心」Riquisimo「Charla」他リリース多数。

    河野文彦(ギター)東京都出身のギタリスト、作編曲家。'12年、1stアルバム「F」発表。ノルウェーのレーベルのコンピレーション・アルバム「ジャンゴ・フェスティバル7」に選出される。'16年、「ジャンゴ・アムステルダム」(オランダ)、「エジバラ・ジャズ祭」(スコットランド)、「東京ジャズ」などに出演。スクリーントーンズのメンバーとしてテレビ東京系ドラマ「孤独のグルメ」「昼のセント酒」、Netflx配信ドラマ「野武士のグルメ」などの音楽を担当する。ギター専門誌へ奏法解説等の執筆も手がける。

  • 「ひとりずつ」あかね / うつお
    5月8日(火)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    あかね 「パスカルズ」にてトイピアノ、ボーカルを担当。「あかね」としても少しずつ歌っています。よろしくお願いします。

    うつお 保育園時代に木琴、小学生時代にピアノを習う。小学校では合唱(ソプラノ)&器楽合奏部(マリンバ、リコーダー、ハーモニカ、ハンドベル)に所属。10歳頃よりギター&歌作り始める。その後、地元のフォークサークルで音響、照明などスタッフをしながら17歳よりギターの弾き語り始める。LIVE、学園祭、演劇音楽、コンテスト、フェスティバル、イベントなど多数企画&参加。『ふたご』ユニット、バイオリン四重奏団『テトラ』、1995年より『パスカルズ』参加。

  • 「ギターはわらっている Vol.6」西脇一弘+濱田多聞 / 神田さやか
    5月9日(水)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    西脇一弘sakanaでギターを弾いています。絵も描いています

    濱田多聞宮城県仙台市出身。1999年ごろから主にベーシストとして幾つかのバンドで活動後、2007年から仙台市を拠点にソロ活動開始。これまでに数枚のCDR,と「地方都市の憂鬱」「お茶を濁す」「軽くおもい」という3枚のCDアルバムを発表している。シンプルな弾き語りというスタイルでライブをすることが多いが、ハードコアパンクからノイズ、人形劇に至るまで幅広く共演している事実が独特のスタイルの証明となっているのではないかと思うこともある。

    神田さやか北海道出身。2014年冬にガットギター弾き語りをはじめる。2015年10月、作詞作曲録音をほぼ自分でおこなったCD-R「山を見る係」を発表、東京を中心に活動中。

  • 「香辛料と微熱 vol.35」クドウナリヒサ(the sea falls asleep)
    5月11日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    the sea falls asleep (ex.Any) Vocal/Guitars。全ての楽曲の作詞作曲を手掛ける。これまでに5枚のAlbumと4枚のSingleを発表。

  • 加藤千晶 + 鳥羽修
    5月12日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    加藤千晶 インストルメンタルのバンド『ザボンドボン』でメトロトロンレコードのオムニバスに参加した後、 なんとなく上京し、1997年に1st ソロアルバム『ドロップ横丁』をリリースする。2000年、2005年の2枚のアルバムを経て、2012年、9月16日にソロとしては7年ぶりの4thアルバム『蟻と梨』(新録音全24曲、渾身の2枚組)をリリース。好評発売中です。アメリカで長く活躍中のTerry Adams率いるNRBQと深い親交を持ち、来日時にはオープニングアクトなども務めたりしている。1997年以来、作曲家、作詞家として、CMやEテレ、ドラマなどに曲を作ったり、時には歌うこともある。最近ではEテレ0655/2355の「あたし、ねこ」「わたし、犬、いぬ」なども歌っています。

    鳥羽修 90年、カーネーションにギタリストとして加入。バンド活動と平行しながら他のアーティストの作品やライブなどにギタリストとして参加する。99年頃からレコーディングエンジニアとしての活動もスタートさせ、02年カーネーション脱退、05年タマコウォルズ結成。現在エンジニア、ギタリストとして活動中。

  • フジワラサトシ / 古澤ひかり
    5月13日(日)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の13:00〜13:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    古澤ひかり 武蔵野音大声楽科卒業。アコースティックギターで歌うシンガーソングライター。ベルカント唱法もこなす、その声は、倍音の響きを伴って、唯一無二。ブリティッシュ・トラッドの薫りも漂わせる、変拍子を多用した楽曲群が特徴。2006年1stアルバム「バラは咲き」を発表。その後、育児休暇に入るが、2011年秋よりライブ活動を再開している

    フジワラサトシ 1982年生まれ、東京都出身。10代後半より自宅録音を開始。2008年頃から演奏活動を始め、ソロのほかoono yuukiなどのバンドのギタリストとしても活動する。2010年、鳥獣虫魚より『夜に生まれる』、2013年にsweet dreams pressより『い、のる』をリリース。また、2011年からは歌人・小説家の雪舟えまらと共にユニット“スリリングサーティー”のメンバーとしても活動している。

  • 樽木栄一郎 「ツマビキ演奏会」
    5月17日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    広島県福山市出身。現代における樽木流クロスオーバーミュージック。様々な角度から入り込める立体的なリリックとメロディーが、澄んだ声にとけてやわらかくココロに届く。独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室など、様々な場所で話題を呼んでいる。絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。ドラマー「桷エイチロ」としても活動中。2013年10月よりオンエア中のFM J-WAVE(81.3)の番組、『Smile on Sunday』のテーマ曲を担当。

  • 「端午の独白」中村大史 / 加勢明
    5月18日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    中村大史 tricolor, John John Festival, O’Jizo 等数々のアイルランド音楽バンドのメンバーとして活躍する一方、アコーディオンデュオmomo椿* では芝居やコンテンポラリーダンスの音楽を担当する等、活動は多岐に渡る。 北海道生まれ。2015年春、季節と日々の生活に寄り添う食事と音楽 をテーマにした「食堂・音楽室 アルマカン」を吉祥寺にオープン。2017年春、ソロ名義では初となるギターアルバムを発表予定。

    加勢明 各バンドで作詞、作曲、ギター、歌を担当。新潟県生まれ。2年ぶりのソロ演奏。

  • 「夜の科学 in 下北沢〜小箱のなかの音楽26」 山田稔明
    5月19日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,500 + drink / 当日 ¥3,800 + drink
    ご予約 定員となりましたので受付を終了いたしました。

    尚、当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。

    プロフィール

    1973年生まれ佐賀県出身のシンガーソングライター。1993年にバンドGOMES THE HITMANを結成、1999年のデビュー以降、様々な楽曲提供と並行してソロ活動を本格化、『pilgrim』『home sweet home』とアルバムを発表。ソロ弾き語りやバンド編成など様々な形態で全国のカフェやギャラリー、ライブハウスを巡回している。2013年初夏3作目のソロ・アルバム『新しい青の時代』を発表

  • OraNoa / 渚十吾
    5月20日(日)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の19:00〜20:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    OraNoa ギター弾きうたい・リコーダー吹き。関東・関西等のカフェやギャラリーなどでマイペースにライヴをしています。その空間や雰囲気に馴染むようなうたを差しだしていきたい。毎春、“桜ツアー”と称し、全国の縁のある場所を、桜前線のように縦断するツアーがライフワーク。今年のツアーは「なにもない。あかるいよるに」。17年目の春を迎えました。

    渚十吾 井の頭線、池の上在住のシンガーソングライター。早朝の散歩コースのひとつに、Leteの階段を上がり下がりして代沢遊歩道へ向かうこと、しばしば。マノス・ハジダキスとフランソワ・ド・ルーべとロン・ギーシンとWooがいいなと、つぶやくこと、しばしば。なにもかも、西瓜糖の村の言葉で歌ってみたい、と思うことしばしば。愛すべき友人、OraNoaさんのライヴでときおり訪れるLete、その佇まいに感心すること、しばしば。

  • 平泉光司
    5月23日(水)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    北海道帯広市出身。グルーヴィー&メロウなロックン・ソウル4、benzoの顔として98年にアルバム『benzoの場合』、シングル「抱きしめたい」でデビュー。続くセカンド・アルバム『DAYS』(99年)、未発表曲含むベスト『best selection』(01年)に収められた幾多の名曲群 「落下ドライブ」「DAY BY DAY」「AGAIN」「FLOWER」「ECHOES」etc. は、折に触れて全国FM局ヘヴィーローテーションの常連に。さらに近年は、「喫茶ロック」から「ライトメロウ和モノ」までの振幅で取り沙汰されることになる豊かな音楽性から、平成のシュガー・ベイブと称されるまでに。benzo活動休止後はソロ活動に勤しむ傍ら、意気投合した小島徹也、中條卓と02年にCOUCH結成。より研ぎ澄まされたスリーピース・サウンドを追求しながら『今日風、』(03年)『BLOW』(04年)といったタマシイに心地良いマスターピースをリリースしている。抜群のメロディー・センスと多彩なギター・テクニック、そして素晴しく伸びやかな歌声。心底打たれること請け合いで、腕利きギタリストとしてのレコーディング&ツアー・セッション、楽曲提供も多数ある。(SUGIURAMUN 、サニーデイ・サービス、キタキマユ、吉田直樹、林田健司、クリンゴン、イノトモ、hal、bice、竹仲絵里、ロクセンチ、LEAD、etc

  • 「ナイトスクリーンvol.15」浅野達彦/鎌田将(サポートBass )元山ツトム(スティールギター)
    5月24日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1996年にMOODMAN主催のレーベル「M.O.O.D/donut」からシングル『bonjour』をリリース。 2000年任天堂ゲーム「巨人のドシン1」のサウンドトラック、『ドシンの跡を追って』を発表。2001年、『bonjour』を聴いたアレック・エンパイアからオファーを受け、彼の主宰する英国のレーベルGeist から初のフルアルバム『Genny Haniver』をリリース。2004年"クサマヤヨイの前衛ファッションショー!"の音楽を担当。2005年デヴィッド・シルヴィアンのリミックス・アルバム『Blemish Remixes』に参加。2008年2ndアルバム『Spacewatch』をAKICHI RECORDSよりリリース。現在都内を中心にライブ活動を行なっている。

  • TRIOLA
    5月25日(金)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    TRIOLA (トリオラ) 波多野敦子と須原杏による弦楽プロジェクト。色鮮やかに、プログレッシブに駆け抜けるヴァイオリンとヴィオラの弦楽デュオ、約二年半ぶり、2016年夏より新編成での再開となる。

    須原杏ヴァイオリン、コーラス担当。2012年よりASA-CHANG&巡礼にメンバーとして加入、数多くのアーティストのレコーディングやライブにも参加。瞬発力とリズム感に溢れ、低弦の深みも持ち合わせる希有なヴァイオリニスト。 。

    波多野敦子triolaの作曲、編曲、ヴィオラ、コーラスを担当。これまでに2枚のソロアルバム、数多くのCMやドラマ等の映像音楽を制作。近年はJim O'Rourke、MOCKY、石橋英子、倉地久美夫らと共に演奏、ライブも行っている。

  • 「下北水中ライブ Vol.166」滝本晃司
    5月26日(土)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    2003年10月に解散した「たま」のメンバー。これまでに5枚のソロアルバムをリリース。2014年、6枚目のソロアルバム「空色」リリース!

  • 菅沼雄太&吉田浩太郎
    5月27日(日)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    菅沼雄太&吉田浩太郎 静かな演奏、小さな演奏、との感想をいただきます。唄の曲とギターのみの曲があります。眠られる方もいらっしゃいます。2ヶ月に1回、leteで演奏させていただいております。

    菅沼雄太(g,vo) 普段はドラムです。neuma、mi-ne、acoustic dub messengers などの活動を経て、現在は塚本真一トリオ、ネタンダーズなどで活動中です。近年の参加作品は、坂本慎太郎さん、中納良恵さん、pocopenさん などです。

    吉田浩太郎(G) 普段からギターです。acoustic dub messengersのメンバーとして活動する傍ら、F.I.B JOURNALの山崎円城とのライブやソロギターなどでも活動中です。

  • 鬼怒無月2days「第一夜:鬼怒無月生音アコースティックギターソロ」
    5月30日(水)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    '64年神奈川県出身。高校時代より音楽活動を始める。'90年に自己のグループ,ボンデージフルーツを結成,'94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに最新作の「Bondagefruit6」('05年2月発売)を含む6枚のアルバムを発表。ボンデージフルーツは'98年"ScandinavianProgressive Rock Festival",'99年にはサンフランシスコの"Prog Fest '99"に招かれるなど海外での評価も高い。ボンデージフルーツと平行してEWEより2枚のアルバムをリリースしているチェンバーロックバンド,Ware house,ギターインスツルメンタルの極を追求するCoil,勝井祐二とのデュオ,Pere_Furu,壷井彰久とのERA,吉田達也の是巨人,カルメンマキのサラマンドラ,更に灰野敬ニ,常味祐司とのコラボレーション,ギターソロ等 日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。

  • 鬼怒無月2days「第二夜:鬼怒無月(g),小峰公子(vo,acc)Duo」
    5月31日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    鬼怒無月 '64年神奈川県出身。高校時代より音楽活動を始める。'90年に自己のグループ,ボンデージフルーツを結成,'94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに最新作の「Bondagefruit6」('05年2月発売)を含む6枚のアルバムを発表。ボンデージフルーツは'98年"ScandinavianProgressive Rock Festival",'99年にはサンフランシスコの"Prog Fest '99"に招かれるなど海外での評価も高い。ボンデージフルーツと平行してEWEより2枚のアルバムをリリースしているチェンバーロックバンド,Ware house,ギターインスツルメンタルの極を追求するCoil,勝井祐二とのデュオ,Pere_Furu,壷井彰久とのERA,吉田達也の是巨人,カルメンマキのサラマンドラ,更に灰野敬ニ,常味祐司とのコラボレーション,ギターソロ等 日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。

    小峰公子 (ZABADAK)福島県生まれ。1991年にkarakというユニットで キングレコードよりデビューし3枚のアルバムをリリース。zabadakとデビュー当時より活動を共にし、作詩とヴォーカルを担当。コンセプチュアルワークやアートディレクションにも参加していたが2011年に正式メンバーとなる。2016年7月に夫でもあるzabadakの吉良知彦が逝去した後もzabadakとしての活動を続行中。TVCMは200曲以上、アニメやゲーム、TV番組、演劇作品などへの詩や歌唱の提供も数多い。2014年3月に、物理学者・菊池誠氏、漫画家・おかざき真里氏との共著『いちから聞きたい放射線のほんとう〜いま知っておきたい22の話』(筑摩書房)を刊行。ほかに白崎映美&東北6県ろ〜るショー!!のメンバーとしても活動中。