Shimokitazawa

SEPTEMBER

  • 三富栄治+清岡秀哉
    9月1日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    三富栄治 東京生まれ、在住のギタリスト。これまでに竹村延和のレーベルChildisc などからアルバムを4枚リリース。最新アルバムは「ひかりのたび」。エレクトリック・ギターの独奏を中心とした活動の他、映画への楽曲提供なども行ない、WEB CM の音楽を制作するなど活動の幅を広げている。

    清岡秀哉 ギタリスト。ギター独奏のパフォーマンスを中心に西脇一弘、宇波拓、三富栄治とのギターデュオでも演奏。「秋の理由」(福間健二監督)、「影の由来」(波田野州平監督)など映画音楽制作も手掛ける。井手健介と母船などバンドにも参加。

  • 「声の居場所 vol.5〜ほとぼりが満ちた頃に〜」林ミカ / kyooo
    9月2日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    林ミカ 2007年からピアノの弾き語りで活動しているシンガーソングライター。バンド「不自分」ではピアノとコーラスで参加し解散後もソロ活動を続けている。アルバム「終わりから始まる歌」「Oneself」「unrelativity」「timeカプセル」等を発表。

    kyooo 東京都在住。2009年ごろ購入した子供用のクラシックギターで曲を作りはじめ、2012年に作品集「鳥が歌う」、2014年に2作目「屋上から」を鳥獣虫魚レーベルより発表。ソロの他、フジワラサトシ、王舟、ラッキーオールドサン の作品にバイオリンで参加。

  • 「アベジュリー 弾き語り祭り vol.16 」
    9月3日(日)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1990年、八馬義弘と共にデキシード・ザ・エモンズを結成。ネオGS、マージービート、モッズ、R&B、ソウル等をルーツに唯一無二のライブパフォーマンスを繰り広げた。インディーズからメジャーへと18枚のアルバムを発表。2006年日比谷野外音楽堂にてデキシード・ザ・エモンズ解散。現在、アベジュリー&The BACKDROPS、メイコス、電化アベジュリー等でのバンド形態の他、アベジュリーソロでも活動中。10年ぶりに復活したTHE YELLOW DOGSは現在不定期活動中。

  • とんちピクルス
    9月4日(月)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。福岡のみにとどまらず各地の美容室、カフェ、ギャラリーなどで活躍中。ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。ホームワークレコードよりCD「とんちピクルス」を発売。

  • 谷口マルタ正明
    9月7日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    80年代より演劇及びライブハウスシーンで活動しているボーカリスト。90年代に入り、ライオンメリィ(ヤプーズ他)・坂本弘道(シカラムータ他)・滝本晃司(たま他)・松本正(チコヒゲ&ザ・ユニット他)と組んだサイケポップバンド「echo-U-nite」のフロントマンとして活動。また元P-MODELのことぶき光と組んだアブストラクトテクノポップユニット「Phnonpenh MODEL」では3度のヨーロッパツアーを行う。2001年、Spiritjack・宍戸幸司(割礼)・松本正と共にダブサイケバンド「彼岸」を結成。

  • おおはた雄一「Quiet Heat」出演:おおはた雄一Guitar,Vocal&影山敏彦 (tico moon)Guitar, Bass
    9月8日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,500 + drink / 当日 ¥3,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    おおはた雄一 シンガー・ソングライター、ギタリスト。2004年1stアルバムを発表、現在までにオリジナルアルバム7枚のほか、カバー集・ギターインスト集など合わせ、13枚のアルバムを発表している。代表曲「おだやかな暮らし」は、多くのアーティストにカバーされる。録音参加も100作品以上あり、楽曲提供(湯川潮音、畠山美由紀etc)映画・CM音楽、ナレーション等幅広く活動中。オリジナルでは8枚目となる最新作「タイム・フライズ」好評発売中!

    影山 敏彦 かげやま としひこ 東京生まれ。幼少の頃より音楽好きで、学生時代にエレキギターでバンドでの演奏活動を始める。後にブラジル音楽に興味を持ちボサノヴァギターを学び始め、その後本格的にギターの響きを追求するためクラシックギターを学ぶ。また作曲にも興味を持ち、現在tico moonで自作曲を発表している。

  • pipoo ゲスト : 佐藤舞希子(cello)
    9月9日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    pipoo まっきー(guitar)、ゆっきー(mandolin,bass,etc…)の双子姉妹アコースティックデュオ。インストゥルメンタルの曲を演奏する。幼少期をニュージーランドで過ごす。2010年から『pipoo』として活動を始める。2012年7月にジェシーハリス、ハンバートハンバート、bonobos等が出演した夏フェス「summer voice carnival 2012」サテライトステージに抜擢される。2014年11月にゴンザレス三上(GONTITI)とパーカッション二スト辻コースケのユニットSmoked Salmon Railway Machineのオープニングアクトを務める。これまでにアルバム『あたらしい場所へ』(2011年)『LIVE AT BIGMOUTH』(2012年)『海のはなし』(2014年)『また、旅をする』(2015年)『Live at homeri』(2017年)を発表。 シンガーソングライターkagalibiとの共作シングル『空の余韻』(2016年)の発表や、様々なゲストボーカルを迎えてのライブ等、インストに限らずコラボレーションも多岐に渡る

    佐藤舞希子 東京音楽大学チェロ科卒業。2011年からインストゥルメンタルバンド『カメレオン baby』で活動。2012年に自身のソロ1st.アルバム『Soul Mirror』を発売。2014年に映画『魔女の宅急便』にて楽曲内のソロチェロを担当。 BS JAPAN『日経プラス10』音楽制作担当。2015年に東海テレビ・フジテレビ系全国ネット昼ドラマ『プラチナエイジ』音楽制作担当。クリエイター集団『cooch』の音楽担当として舞台音楽等の制作に携わる他、チェロ、ピアノ、ジュニアオーケストラの指導、バンドサポートやオーケストラのサポート、また三味線や和太鼓との和洋コラボレーションプロジェクト演奏会を各地で行うなど、幅広いジャンルで積極的に活動を行う。

  • ナマステ楽団(末森英機+ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
    9月10日(日)
    Open 14:00 / Start 14:30
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の13:30〜13:45に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    末森英機 1955年生まれ。物心がつくころから、よそ者、のがれ者、渡り者、流れ者、よた者、ゆすりたかりまがいがたたり、はんぱなく精神病棟へ。罰当たり者は生きて2009年末、歌手の中川五郎さん見よう見まねで歌い始める。震災後、仮設住宅の集会所や復興商店街の店頭、特別介護施設などで五郎さんやよしだよしこさんとともにツアーに参加させたいただく。海外にも必ずギター持参の変わり種。デネーシュさんは魂の友とリスペクト。

    ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディタブラ奏者。1962年生まれ。幼少時からヒマラヤのアシュラムにて修行を開始。その一環でタブラに出会う。楽師を務めインド各地で神々をたたえる。ヒンドゥー教の聖地バラナシにて生涯の師、タクール・サン・クールシンと出会う。心の平和、民族性の落ち着きを持ち、その演奏は巡り合う人々から魂の友と呼ばれる。スティービー・ワンダーとの国内ツアーでも話題に。

  • 「ほしと音楽 うたと秋の夜」尾林星 / 穂高亜希子
    9月10日(日)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    尾林星(おばやし せい)本名。1982年10月生まれ。東京出身。シンガーソングライター、ギタリスト。5才の時にピアノ、中一でギターを始める。高校時に出会った仲間とバンドを組み音楽活動開始。以降様々なバンドやユニットに参加。2005年頃より弾き語りを始める。同年、元吉祥寺4thfloorにてアコースティックマンスリー企画「出島」を1年間主催。2007年に自身のバンド「ファンタスタス」結成〜2013年活動休止までに1枚のミニアルバムと2枚のライブ盤を発表。2013年に現パートナーの実家である岩手県宮古市に移住。以降岩手と東京を中心に活動中。2017年にはテレビ岩手の情報番組にて自曲「カラフルMIYAKO」を生演奏するなど岩手のお茶の間にもじわじわ浸透中。井手健介とのユニット “ホセ&トンチャイ” も継続中。

    穂高亜希子 シンガーソングライター。1982年福岡県出身。2003年頃より東京都内のライヴハウスなどでギター、ピアノの弾き語りを始める。2010年、JOJO広重編纂によるコンピレーションアルバム「日曜日のうた」に参加。2011年、初のフルアルバム「ひかるゆめ」を京都のレーベル"FMNsoundfactory"よりリリース、2014年に同レーベルよりセカンドアルバム「みずいろ」を二枚組でリリース。同アルバムには関島岳郎、熊坂路得子、服部将典、吉田悠樹が参加。自身の弾き語りの他に、"ミッシング箱庭"というバンドでもベースなどで活動している。

  • 平泉光司
    9月12日(火)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    北海道帯広市出身。グルーヴィー&メロウなロックン・ソウル4、benzoの顔として98年にアルバム『benzoの場合』、シングル「抱きしめたい」でデビュー。続くセカンド・アルバム『DAYS』(99年)、未発表曲含むベスト『best selection』(01年)に収められた幾多の名曲群 「落下ドライブ」「DAY BY DAY」「AGAIN」「FLOWER」「ECHOES」etc. は、折に触れて全国FM局ヘヴィーローテーションの常連に。さらに近年は、「喫茶ロック」から「ライトメロウ和モノ」までの振幅で取り沙汰されることになる豊かな音楽性から、平成のシュガー・ベイブと称されるまでに。benzo活動休止後はソロ活動に勤しむ傍ら、意気投合した小島徹也、中條卓と02年にCOUCH結成。より研ぎ澄まされたスリーピース・サウンドを追求しながら『今日風、』(03年)『BLOW』(04年)といったタマシイに心地良いマスターピースをリリースしている。抜群のメロディー・センスと多彩なギター・テクニック、そして素晴しく伸びやかな歌声。心底打たれること請け合いで、腕利きギタリストとしてのレコーディング&ツアー・セッション、楽曲提供も多数ある。(SUGIURAMUN 、サニーデイ・サービス、キタキマユ、吉田直樹、林田健司、クリンゴン、イノトモ、hal、bice、竹仲絵里、ロクセンチ、LEAD、etc

  • SOWAN SONG
    9月14日(木)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    SOWAN SONG(ソワンソング) 2003年より弾き語りからバンドまで様々な形で音楽を奏で、衝動的な胸の高鳴りや葛藤に見る美しさなどをテーマに愛を歌う前岨啓之(マエソワ ヒロユキ)のひとりユニット名。マエソワという珍しい名字がもとであだ名はソワン。最新作『抱きしめたい』はサポートメンバー:高橋結子(Dr)、sugarbeans(Key,Pf)、時光真一郎(Ba)、設楽博臣(Eg)、平泉光司(Eg)、伊藤彩(Vn)との親交から創りあげた4年振り4枚目のオリジナルアルバム。

  • 石塚明由子 with 須藤ヒサシ
    9月15日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    石塚明由子シンガーソングライター。ジャズ&ブラジル系ポップスユニット「vice versa(ヴァイスヴァーサ)」のボーカルとして13年間活動後、家族の病気や介護をきっかけに自身の音楽をみつめなおし、2013年よりソロ活動をスタート。 フォーキーかつスィンギーなサウンドに、心にそっと寄り添うコトバを乗せて独自のソングライティングを展開。2015年12月、WATER WATER CAMELの須藤ヒサシとともに制作した1st.ソロアルバム「Hello, my sister」をリリース。日々の美しい情景や身近な人とのさよならを描いた陰影のある楽曲を収録。

    須藤ヒサシ山梨県出身、BASS弾き&アレンジャー。BASSは、コントラバスとエレキベースを弾きこなす。自己のバンド『WATER WATER CAMEL』『WaJaRo』『南無JAZZ experiment』を活動の拠点としながら、POPS、JAZZ、R&B、BRAZIL音楽を中心に、LIVEツアーのサポートや、レコーディングなど、活躍の場は多岐に渡る。

  • 長谷川健一ノンマイクソロワンマンライブ
    9月16日(土)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    2007年ミニアルバム『凍る炎』、『星霜』をmap/comparenotesより二枚同時リリース。2010年ファースト・フルアルバム『震える牙、震える水』をP-VINERECORDSよりリリース。2011年「FUJI ROCK FESTIVAL」、「SWEET LOVE SHOWER」に出演。歌が純粋に歌として響くことの力強さを湛える優しくも切ないその声は、聴くものを深遠な世界へといざなう。京都が産んだ天才シンガー・ソングライターとして、多くのファンやアーティストから高い評価を得ている。2013年Jim O’Rourke(ジム・オルーク)プロデュースによるセカンド・フルアルバム『423』をリリース。同年12月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文によるレコーディング・ディレクションとコーラス参加のもと、珠玉のカバー集『my favorite things』をリリース。2015年には、奈良を拠点に全国で活躍する3ピースロックバンドLOSTAGEとともにスプリット7インチ『僕は今ここにいる / 遠くへ/砂の街』をリリース。「PARASOPHIA・京都国際現代芸術祭2015」にて、やなぎみわSTP「舞台車上・中上健次ナイト2015」のコーディネート・ライブ演奏を務める。12月、サード・フルアルバム『Breath』をリリース。2017年5月6日、初のライブDVD作品となる『ノンマイクライブ at COTTAGE 2016.12.27』をリリース。